2016年04月22日

母のこと

母が亡くなったのは4月。もう二十数年前になります。入退院を繰り返しており、医者からもあと○カ月と言われていました。
病院にいても特に治療もなく、「家に帰りたい」の言葉に、母を家に帰すことに決めました。
私は昼間仕事をしているので、家政婦さんの手配などを済ませ、(まだ介護保険制度が無い頃でした)明日家に連れて帰るという日に、急変。
娘を呼んでくれと・・・いつもは大人しい患者で、そんなことを言うのは初めてでした。
病院に行くと、看護師さんから、今日は泊まってあげてほしいと言われました。

明け方に息を引き取りました。
その日は家政婦さんと顔合わせをして・・・という日でした。
家政婦さんをお願いしても、夜は私が見なければいけませんでしたが、限りのあることと覚悟をしていました。

娘の苦労を救ってくれたのか・・・子孝行の親でした。

毎年4月は、息子が発病した時期、母が亡くなった時期。何となく憂鬱になったり、体調を崩すことが多い時期でした。

熊本の地震・・・・私が生きている間に、この地方にも地震が起きるかもしれない。
母の死は、予期していたことですが、震災での突然の死は・・・ご冥福をお祈りします。
posted by nisshy at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

またまたご無沙汰〜

DSC_0114.JPG
またしても、気が付けば4月でした。
桜の花が咲いて、いつもなら花粉症は楽になっているはずなんですが、マスクなしで外出すると家に帰ったとたんにくしゃみ出ます。こりゃ風邪も引いているかな・・・

DSCN0453.jpg
3月下旬はこんなものをせっせと作っていました。職場の人へ。
思わぬ方から頂き物をして、お返しに悩み、私の得意なことでお返しをしました。
当分編み物はいいわ・・・

DSCN0449.jpg
読み終わった本。「しゃばけ」シリーズの「なりたい」は昨年の8月に予約して3月にやっと手に入りました。「次にお待ちの方がみえます」とあったので、この本だけ先に返しに行きました。
佐伯さんの「鎌倉河岸捕物控」シリーズ面白いです。

さて、仕事には行かなくていいのですが、何もないのもつまらなくて、今週はいつに何をしようかなと予定を探して入れているnisshyです。
友人からは、「何もない事を楽しめるように」と釘を刺されました。

職場で家族以外と接すること、話をすること、共感しあうことが自分の刺激や励みになっていましたが、これからその対象を違う所で見つけないとね・・・やはりちょっと寂しいかな・・・
posted by nisshy at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする