2017年04月20日

健康を思った日

プールで、久しぶりにお会いしたおばさま。
「あら〜お久しぶりです」
「二年ぶりに来たけど、やはりしんどいわ」
「ご病気でもされていたんですか?」
「そうなの。癌だったのよ。乳がん」
それからしばらく闘病生活のお話をされました。
検診を受けていたけど、その時は何ともなくて、半年後にご自分でおかしいと気が付いて病院に行かれたとのこと。この年でこの病気になるとは思ってもみなかったと。入院時には、身辺整理をされたこと。等々
「無事に戻って見えてよかったです。またプールでお会いできるといいです」
「月曜日は来るつもりよ」

話を聞いた後、泳ぐ気持ちも失せ帰路につきました。
明るくて、色々なお稽古事を楽しまれている様子のおばさまでしたが、
抗がん剤治療に耐えて、またプールに来て見えることに感心しました。

名前も知らない方たちですが、回数重ねてお顔を合わせているうちに、おしゃべりしたりするようになります。
ほとんど、私より、お姉さんお兄さんなので、ずーと来ていたのに、姿が見えなくなると、病気かなと思います。ご自身だったり、ご家族だったり・・・
先日も、久しぶりのおじさまは、「白内障の手術したもんで」と言ってみえました。

今の私、旦那は病気ではあるけど、目が離せないというわけではなく、自分はそこそこ元気でプールに来れていることに感謝です。

DSC_0049[589].JPG
今から読もうとしている本です。
読んでいた佐伯さんの色々なシリーズ、そこそこ読み終わりになりつつあり、やっと、他の作家さんに移りました。
和田はつ子さんの「料理人季蔵捕物控」シリーズです。長いので、しばらく楽しめます。
posted by nisshy at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする