2015年02月10日

今はこの本

DSCN0287.jpg
「居眠り磐音」のシリーズが、45巻まで読み終わり、46巻は100人待ち。47巻は300人待ちだって・・・・
(図書館での貸し出し順です)
書店には48巻が新刊コーナーに並んでいた。図書館で読めるのはいつになるやら・・
このシリーズは50巻で終わる予定らしい。

待っている間に鈴木英治さんの「口入屋用心棒」シリーズを読み始めました。はじめての作家さんで、図書館の本棚で適当に選んだのですが、楽しめそうです。ただ、そんなに長いシリーズではないようです。

あまり深刻ではなく、ほのぼの、時々スカッとして、恋話もちょっぴり入っているもので、長いシリーズの物探していまーす。
posted by nisshy at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「白鶴の紅」神戸の図書館は300人待ちです
もっとも 10冊の蔵書中 入荷待ちが6冊 まだまだかかりそうです
口入屋用心棒 ですね 
私も順番待ちの合いの手に読んでみます
吉原裏同心も そろそろ待ち時間が長い辺りまで来てしまってますし 料理人季蔵も出ているところまで読んでしまったしなぁ〜と 困ってました。
ありがとうございます
Posted by マミヤ at 2015年02月11日 10:15
マミヤさんこんばんは
「白鶴の紅」は、まだ検索しても出てこないのです。新刊で出てから3か月後くらいしか入らないみたいです。書店で見て買おうかなと思いましたが、ここまで待っているんだから、他の本を読みながら気長に待ちまーす。長い物長い物と探している所ですが・・・大御所の大作長い物多いのですが、肩が凝りそうで手を出していません・・・・
Posted by nisshy at 2015年02月11日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック